トップ >> 函館ラ・サール学園 >> 沿革


函館ラ・サール学園は、1960年(昭和35年)にカトリック・ラ・サール修道会によって、函館市日吉町に設立されました。本校の名称は聖ジャン・バプティスト・ド・ラ・サールに由来します。聖ラ・サールは1651年にフランスに生まれました。学校教育による社会の改革を志し、財産や栄職を捨てて生涯を青少年の教育に捧げ、近代教育に偉大な業績を残しました。聖ラ・サールの遺志を継ぎ、教育を天職とする人々の集まりがラ・サール修道会です。
 現在、世界80カ国に912の各種の学校を経営し、8000余名の修道士が80万人を超える児童・生徒の教育に携わっています。日本では本校のほか鹿児島にラ・サール中・高等学校、仙台に養護施設「ラ・サール・ホーム」を経営しています。