トップ >> 日々のラ・サール

10月24日(火)
  写真は、10月20日(金)放課後に実施した進路講演会の様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

10月23日(月)
 二十四節季でいうと「霜降」、道北からは初霜、初雪の便りが届いてきます。「寒露」となってめっきり朝夕が寒くなり、雪虫が飛んでいたという話を先週生徒から聞いていました。もっとも超大型の台風21号が今日は関東を襲い明日は北海道にも上陸するという予報もあって今朝は冷たい雨の中の通学でした。
 でも、寒さも台風も何のその、部活動の朗報が次々と届きました。
 中学バスケットボール部は新人戦トーナメントに勝ち上がり、今週末の準決勝に駒を進めました。
 高校ラグビー部は、1か月前の高等学校ラグビーフットボール大会で全道優勝し早々と「花園」出場を決めていますが、今回の高等学校選抜ラグビーフットボール大会でも準優勝し、熊谷で行われる全国大会にも臨むことになりました。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

文化系では放送局がアナウンス、朗読(佐藤泰志『オーバー・フェンス』)、研究発表(パソコンの編集作業の高速化をテーマとしたもの)の三部門で優秀賞を受賞し、函館市で開催される全道大会に今年度も出場します。
 学習面でもアクティブ・ラーニングよろしく生徒たちの生き生きした活動が見られます。前回お伝えした中学の「フィールドワーク」の成果を、先週土曜日に数多くの父母の方にも来ていただき発表会を行いました。1年生は新体育館で、2年生は各教室での実施でした。
 
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 また、高校3年生の「宗教」の時間は各々の研究発表を1日2組で行っているとか、本日も早朝から黒板に図解やら文字やらが書かれていました。因みにビンラディン殺害にも関わったとされるドローンについて熱の入った発表が行われたそうです。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます