トップ >> 日々のラ・サール

11月21日(火)
  昨日、中学3年生の家庭科で北海道立消費生活センター講師による特別授業が行われました。写真は、その様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

11月20日(月)
 全国的に冬の天気に見舞われ、函館でも僅かに雪が積もりました。あと一、二日は寒さに辛抱しなければならないようです。もっとも、東京でも雪虫が見られたと先週末TVニュースが流れてもう冬への備えを万全にする時季なのでしょうね。
 先週16日(木)から今週22日(水)までは、「文化週間」と銘打ち、文化系クラブの活動が一般生徒に披露される貴重な機会の一つとなっています。
 文化委員会からのパンフレットに算用子委員長が、「北海道の秋は早足で過ぎ去ってしまうが、ぜひ校内で芸術・文化の秋を改めて感じてください」 と挨拶しています。
 毎年、吹き抜けの多目的ホールでは、連日昼休みにパフォーマンスが企画され、おおぜいの生徒や教職員を楽しませてくれますが、16日は吹奏楽局がジブリメドレーを、この行事の皮切りにふさわしく楽しい演奏を聴かせてくれました。
 今日は一般音楽部が多目的ホールに登場。企画名「Live"17」、学園祭時のメンバーにキーボードを加えて音に厚みを加えました。1階席も2階席も手拍子で会場全体が盛り上がりました。
 明日21日はJAZZ研究部、22日最終日はGlee clubの演奏が計画されています。
 また、多目的ホール以外の場所では、玄関前ホールにクイズ研究会の冊子が配付されています(連日発行するそうです)。視聴覚教室では昼休みに写真部が「動く写真部〜USB〜」というタイトルで今日から3日間、自主制作の動画を流しています。
 既に終了したミッション部、漫画研究部の外に、茶道部、文学研究同好会もそれぞれの場所で意欲的に活動の成果を発表します。

画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます