トップ >> 日々のラ・サール


4月14日(土)
 本日は高校2,3年生が昨日に引き続き、実力テストを行いました。
 写真はその様子です。

画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

4月13日(金)
 本日は高校は実力テスト、中学はスタディサポートを行いました。
 写真は真剣に取り組む中学校1年生の様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

4月12日(木)
 4月12日(木)6、7校時に中学、高校それぞれで生徒会主催の「対面式・クラブ説明会」が行われました(会場 中学/旧体育館、高校/新体育館)。
 新役員会発足後の最初の行事として慣れないながらも懸命に進行を務めているのが新鮮でした。
 高校の「対面式」では1年生を拍手で迎え入れた後、生徒会長の川口勘太君が開口一番に歌い始めて意表を衝きました。エレファントカシマシの『俺たちの明日』という曲です。困難に遭ったとき自分を慰め力付けてくれる曲なのだそうです。新入生もこれからいろんなことがあるだろうけれど、仲間や先輩、先生方の力を得て頑張れとのメッセージでした。これを受けた1年生の代表、A組の津川雄大君が勉強、部活動に積極的に臨んで行くことを誓い、何か困った時には先輩達の注意・指導を仰ぎたいと挨拶をしました。
 同じ頃、中学の「対面式」でも生徒会長の岸本智行君と新入生代表、2組の鉄良伊加君の挨拶が取り交わされていました。
 引き続いて「クラブ説明会」が執り行われました。それぞれの体育館で先輩たち2、3年生の前に1年生が席を移して一団となり、その前がステージとなります。目的は部活動勧誘なのでしょうが2、3年の部員たちにすれば自分の属する部がどんなにいい集団かをアピールするのも狙いなのでしょう。中学の会場に行ってみると吹奏楽局の出番でしたが、高校生の局員も新体育館から移動してきて加わり、「ダンシングヒーロー」をダンスを交えて楽しく演奏しました。その後、高校の「クラブ説明会」に行くと、バスケットボール部のコントが始まり、その達者さに爆笑と拍手喝采の状況です。ラグビー部も小演劇風に演じ、柔道部はマットを運び込んで投げの連続技を披露しました。野球部もお笑い小劇場よろしくサービス満点のパフォーマンス、その中で「疲れたでしょう」と振って学年ごとに「伸びしましょう」と強要する一コマもありました。それに会場の生徒たち皆が応じるのですからやっている者も乗ってくるというものです。一方、二人の代表が出て来てまじめに勧誘するクラブも多数あって、硬軟取り混ぜてのクラブ紹介ですが、そのどれにも皆拍手を送ります。こんな温かな雰囲気もまたいいものだと思いました。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます