トップ >> 日々のラ・サール


9月19日(水)
 荒天の隙を突いて実施したかのような高校の球技大会(9月4、5日)、結果は「総合」で3年E組の優勝、2位、3位も3年生で最後の行事に掛ける意気込みが伝わりました。その後の表彰式は地震のせいで持ち越され、日程は未定です。定期試験が近づいているということで後のお楽しみとなりました。
 地震の影響で1日順延となった中学の球技大会は、この週から夏が舞い戻り、気持ちよい歓声が校舎の内外で上がりました。バスケットボール、サッカー、ドッヂボールの3種目です。クラス数も種目も少ないことで、こちらはその日のうちに表彰式を終えられました。
 結果は次の通り。
○サッカー 優勝:2−3 準優勝:2−1
○バスケットボール 優勝:2−2 準優勝:3−3
○ドッヂボール 優勝:3−2 準優勝:3−3
◎総合 優勝:3年2組 準優勝:3年3組 第3位:2年1組
 15(土)〜17日(月)は本校も会場の一つとして高校のバスケットボール大会が行われました。この時期、新人戦や全道大会が次々と繰り広げられます。
 硬式野球部は15日準決勝で函館工業高校と当たり延長戦で敗退しました。函工は結果としてAブロックの優勝を勝ち取りました。
 中学のラグビー部は優勝して東日本大会へと駒を進めました。
 高校サッカー部も中学野球部も炎天下で奮闘しました。
 グリー部は全道大会で銅賞を受賞しました。
そう言えば14日のTVで「第38回全国高等学校クイズ選手権」が放映され、クイズ研究会(同好会)が優秀な戦いを繰り広げていました。ラ・サール高校としては23年ぶり2回目の快挙です。佐藤功理君(3−D)、村木優崇君(3−A)、田中夏海君(3−C)の面々です。同日配付された新聞局発行の「函館ラ・サールニュース」に詳しく取り上げられています。
 今日はアーチェリー部が大会で公欠です。
 部活に勢力を注ぎ込んだ夏もそろそろ終わりを迎えています。来週はいよいよ前期期末試験です。若さを爆発発散させて勉強にも向けてくれるだろうと期待しています。
 写真は中学球技大会の数コマを掲載しました。

  
                     画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます