トップ >> 日々のラ・サール


4月28日(木)

4月28日(木)、中学、高校それぞれの生徒総会が開催されました。 高校の生徒総会(会場:新体)では、正面に居並ぶ正装に身を包んだ生徒会役員、議長団、各委員長等の凛々しさがおのずと粛然とした雰囲気を醸し出します。 生徒数507名中472名が参加しているので総会は成立しているとの住吉一真議長(2−C)の声で始まりました。 昨年度生徒会費の決算および平成29年度の予算案の審議が行われ承認されました。それに先だって予算委員長の濱田壱清君(3−E)から事前にクラスから出ていた質問への回答がなされた後、その場での質問が幾つか出てくるなど活気あるやり取りが見られました。 その雰囲気は29年度の生徒会役員会および各委員会の活動方針および活動内容に至っても続き、機関誌編集委員長、遠国竜佑君(2−B)の誌面を面白くするための特集を組むとの具体的な考えも出されました。 最後に、今年度発足の同好会6団体が確認されて閉会となった時にはチャイムが鳴った後でした。 旧体で行われた中学の生徒総会でも各委員会の活動方針、活動内容の報告から始まりました。各委員長の熱意ある説明に会場全体が湧く場面も見られました。説明する側も聞く側も前向きに臨んでいればこその光景です。高校とは異なり予算審議が無いので、各クラスの活動内容の説明が行われて予定通りに終了しました。 中学、高校ともに今年度の生徒会活動が本格的に始動します。

画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます


4月26日(水)

       
    画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 4月20日(木)のバドミントンを皮切りに今年も春季大会が始まりました。翌日開始の卓球に加えて今日(22日現在)からは剣道、陸上、体操も開催されました。日頃の練習の成果を思う存分発揮してもらいたいものです。
 体操部が本校旧体育館を会場とする春季大会に参加するということで見学しました。高校の男子体操競技は参加者8名、本校からは藤原慶紀君(3−C)が参加しました。
 体操は、「鉄棒」一つ取っても人間業とは思えないのに、「鞍馬」「吊り輪」「跳馬」「床運動」「平行棒」の6種目すべてに臨まねばならぬという驚異のスポーツです。直に見る初の機会はただもう迫力に目を奪われました。静動使い分けての筋力の躍動に息をのみながらの写真撮影はもう悲惨なもの、いい写真が撮れなかったことをお詫びします。
 この日、松前の桜も開花が宣言されました。スポーツだけでなくあらゆることに心躍らせ青春をぶつけていく季節の到来です。


4月25日(火)

 中学3年生の美術の授業では、「一版多色刷木版画」を実施しています。 「窓から見える風景」というテーマで制作しています。写真はその様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます