トップ >> 日々のラ・サール

1月10日(水)

   
   
   
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 生徒の皆さんにはあっという間の冬休みだったことでしょう。10日(水)は授業再開の日、それに先立って1時間目、全校集会が行われました。
 校長先生はお話の冒頭で、他国と比べ日本のお正月が何日にも渡ってお祝いすることの素晴らしさに触れました。諸外国は1月2日には仕事開始だそうです。日本では正月を迎える為にまずは大晦日に家族が協力して大掃除を行い、元旦からは初詣に続いて家族や親戚が集って様々な楽しいひとときを過ごしながら、新年の目標を各自心に誓います。校長先生はそれを「約束」という言葉で表現しました。自分の心に誓う「約束」を、ハードルを下げることなく立てるよう、「もっと、もっとできる」という気持ちを持つよう激励したのです。
 引き続いて教務部長の秋山先生から「準備」の大切さが話されました。ものごとには必ず準備が必要となります。13日から高校3年生はセンター受験に臨みます。9:30開始の時点でパワー全開になるには相当の勉強が必須でしょう。普段の授業も同様で、その為には予習復習も大事ですし、予鈴の鳴ったところから気持ちを前向きにすることも心がけなければならぬ準備です。自分が今、何を準備しなければならないか、それを理解して日々の生活に努めよう、とのことでした。