トップ >> 日々のラ・サール


11月27日(火)



画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 初雪の到来はいつになるのか、と思っていたところ、やっと11月21日、函館にも初雪の便りが届きました。気温は確実に低くなって来て、寒さ対策を真剣にしなければなりませんね。
 部活の大会も戸外で行うものは終わり、室内競技の体育系と文化系の大会報告が週明けになされます。
 先日は棋道部の報告がありました。「第18回全道高等学校囲碁新人大会」(会場/市立札幌大通高等学校)、個人戦・男子Bクラスに参加した三人衆は何と上位独占を果たす快挙でした。
 優勝:細谷悠希(2A) 準優勝:竹浪聡(1C) 3位:松山曽良(1D)
 部としても初の快挙、もう来年度が楽しみです。
 いずれ生徒会玄関ロビーに賞状や盾が並ぶことでしょう。
先週末から既に1枚賞状が飾られています。「函館支部高等学校 秋期体操競技大会 男子一部個人総合第1位 小山田莞大」とあります。その右側の掲示板には先週木曜に行われた生徒会選挙の結果が貼られていて(中学、高校共に定員に満ちていないので補欠選挙が近々行われます)、見れば高校の生徒会長に信任された小山田君の名前が並んでいたのでした。
 そして一昨日には新たな賞状に貼り替えられていました。「第66回高体連函館支部秋季柔道大会」のものです。男子団体は第2位でした。各個人賞は次の通りです。
 無差別級 第1位:井上匠(2B) 第3位:北川大地(1B)
 66s級  第3位:松崎健人(2B)
 81s級  第3位:武田宏一郎(1A)
 また、先週末にはこんな活動もありました。ミッション部主催の「トラピスト修道院一泊体験」です。11月17日(土)14:30に当別トラピスト修道院(北斗市三ツ石)に到着後、翌日のお昼まで修道士の生活を体験してみるというものです。韓先生引率でミッション部に有志の者達を加え今年は総勢10名(中学3年3名、高校1年1名、高校2年5名)が参加しました。何事にも取り組み体験することへのラ・サール生の意欲・熱意が感じられる催しと言えます。
 大まかな日程を記せば、ルルドの散策、晩の祈り、修道士による講話、そうして寝る前の祈りで20:00には就寝です。翌朝は何と3:15分に起床し3:45読書課、自室にて黙想を行った後、5:30朝の祈り、5:45ミサ、それから朝食です。8:30修道院と作業場を見学し11:30昼食だったそうです。
 ラ・サール生は寮生活をしているから時間割生活や食住に関わる作業、また互いの重荷を担い合うことに慣れていると修道院の方は思われていたでしょうが、なかなか大変な時間を過ごしました。本来神父でなければ泊まれぬ場所、厳守しなければならぬのは沈黙を守ることだったそうです。
 終了後に書かれた感想文から米本真君(2A)の一節を取り上げます。
「『修道士』という言葉を聞いた時、私の頭に思い浮かんでいたのは漫画やゲームの世界に登場する無感情で冷淡な像であった。そんな想い描いていた姿はその方々と接する機会が増せば増すほど自然と払拭されていった。大修道院長に講話していただいた時の何気ない笑顔、質問に対しての真摯な姿勢においては寧ろ今まで感じたことのない温か味があった。これこそが本当の幸せを勝ち得た人々なのではないかと思った。」