トップ >> 日々のラ・サール


6月12日(火)
 今年度の「芸術鑑賞会」は初の落語。函館市民会館が目下閉館のため本校で実施できる内容ということから今年は落語に決定しました。
 本日12時半、クラス毎に一番太鼓の音に迎えられて入場するとセットができていて、5時間目から7時間目にかけ、「学校寄席」と銘打って新体育館で行われました。
 江戸期に大衆芸能として生まれた「落語」は、原点を室町時代の「御伽衆」におくようですが、音曲、衣装、道具(わずかに扇子や手拭は使用するくらい)に頼ることなく、ひとり語りに身振り・手振りを加えて物語を進めるという、まさに高度な話芸と言えます。
 授業を受け身で聞いてるだけでは力がつかぬように、落語も身を乗り出して耳を傾けねば笑えません。「聞き入る」ことの大切さを学ぶ好機となったと言えますが、噺家の方々が口々に生徒たちの聞く姿勢を褒めてくださった通り、清聴しながら大笑いしたり拍手したりととても立派でした。
 馴染みの無い生徒もいるだろうということで、プログラムも最初に「下座解説」で三味線と鳴り物の紹介があり、上方落語と江戸落語の大まかな説明もあって、いよいよ三笑亭可龍さんの「首長鳥」には中学生からより大きな笑い声が聞こえてきました。次いで笑福亭生喬さんは有名な「時そば」ならぬ「時うどん」でした。ところ違えばということで上方落語では「うどん」になるのだそうです。「お八つ」の語源を振り出しに持ってきていたので中学生も充分楽しんで聞いていました。
 「仲入り」後は、色物で林家二楽さんの「紙切り」が披露されました。手始めに見せてくれた「桃太郎」がOHPで映し出された時の生徒たちの感激の声は実に気持ちの良いものでした。注文を求められたのに応じた「豆腐」「ハリネズミ」の製作にも惜しみない拍手と歓声が送られ、演者の方も喜ばれたことでしょう。
 取りは柳家さん喬さんで、スマホ時代の難点とも言える「自分の言葉を作る」ことの希薄化をチクリと批判しつつ、本題の「初天神」の金坊と父親のやり取りに入りました。生徒たちは登場人物と一緒になって縁日屋台の前を辛抱強く追って歩いていたのでしょう。「落ち」で勘所よい笑い声を挙げました。

  
                              画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます
6月11日(月)

 6月5日(火)、好天気が続くなか、今朝も快晴となった青空のもとで、中学では学年ごとの遠足、高校では「第48回速歩遠足」が行われました。前日の旭川や帯広のような真夏日はご免被りたいとの願いが通じたのでしょうか、最高気温は24℃で、午後は日の陰りもあり、また爽やかな風にも恵まれました。
 それでも速歩遠足は寅沢入口までの往復27.7kmのコース、しかも崖崩れのため若干のコース変更をして、前半は上りが続くきついコースとなって生徒たちを苦しめたようです。関門は4カ所、それぞれで水やレモンゼリーなどを貰っては再び走っていきました。中にはホースから直接頭に水を掛けて貰っている者も少なからずいました。
 午前9時にラグビー場を出発し、午後2時半の締切時間には帰って来るという時間帯の中で、上位30位に入って賞状及びメダルを貰うべく懸命に走る者や昨年の順位を超えるのを目標にする真摯な者も大勢目にしました。
 11日の表彰式に先だって、上位10名を以下に記し健闘を称えます。
 1位 小川 智矢君(1−D) 2位 川端 大貴君(2−A)
 3位 本見 友輝君(2−B) 4位 寺下 和樹君(2−B)
 5位 金澤 一徳君(2−C) 6位 三上  隼君(1−A)
 7位 渡邉 広翼君(3−E) 8位 笹原 拓修君(2−A)
 9位 小野寺和弥君(2−C) 10位 渡邉 基説君(3−D)
 一方、中学ですが速歩遠足の片付けが済んだところで、3時半頃から順々に帰校しました。
 1年生は恒例の函館山登山でしたが、2、3年生は学年ごとの独自企画でした。
 2年生はバス遠足で行き先は江差町でした。いにしえ街道・江差追分会館・山車会館と回り、かもめ島広場には徒歩で行って昼食、その後「開陽丸」を見学して帰途に着きました。
 3年生はバスでトラピスト修道院に行き、「ルルドの洞窟」までの散策を楽しみ、そこからトラピスチヌ修道院を目指して戻って来たところで「市民の森」で昼食を摂りました。修道院見学の後はクラスごとで「市民の森」でレクリエーションし、2時半からは徒歩で本校まで帰って来たということでした。
 6月6日は疲れを癒すための休みとなりましたが、アーチェリー部は全道大会で帯広に出発しました。他のクラブの全道大会も迫っていますし、中体連大会もあとひと月です。前にも記しましたが、第2中間試験とその後には学校祭も控えています。元気に有意義な生活を送ってもらいたいものです。

  
                              画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます