トップ >> 日々のラ・サール


2月18日(土)

    
             画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 今年度の生徒会機関誌の校正が現在行われています。
 文字を用いるにせよ、口承で伝えるにせよ、伝達の営みはとても難しい問題を抱えています。出来事が事実と異なる形に編集されてしまったり、都合の悪い内容が抹消されたりすることもあります。言葉ひとつ違えば、伝わる情報もまた異なるものになります。
 校正とは、単に文字や文章表現の誤りを訂正するだけでなく、情報伝達において誤解される可能性を最小限に抑えるように、常に意識して取り組まなければならないことです。神経をすり減らす作業ですが、書き手と読み手の間に立って、両者のよりよいコミュニケーションを成立させるために欠かすことはできません。
 機関誌編集委員の諸君、本当に御苦労様です。今年度の機関誌の完成を楽しみに待っています。