トップ >> 日々のラ・サール


9月3日(土)
 9月1日の放課後、中学2年生から高校3年生を対象に、柴田誠さんの講演第2部が行われました。
 写真はその様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます


9月2日(金)

   
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます

 9月1日(木)7時間目、本校44期(2006年3月卒)の柴田誠さんを迎えて、高3の進路講演会が行われました。柴田さんは京都大学農学部に進学し、現在は同大学の研究員として、アフリカ・カメルーンの土壌の研究をしています。若者に科学の魅力・意義、研究成果を伝える啓蒙活動の一環として、彼の研究を支えている財団の方々とともに本校を訪れ、後輩たちのために話をしてくれました。
 カメルーンの土は赤土で、栄養分がほとんど含まれていないにも関わらず、その上にはジャングルが存在し、多くの生命を育んでいることに不思議さを感じ、そのメカニズムを解明するために土壌の研究に打ち込むことになったとのことでした。受験勉強への取り組み方、高校と大学の根本的な違いなど、現実的な意味で参考となる話も多く聞けましたが、科学を愛し、研究者として問題に取り組み続ける真っ直ぐな姿勢が、何よりも印象に強く残りました。
 「努力が自信を作り、自信が努力を支えてくれる」、この言葉の重みを生徒たちも真剣に受け止めていたようです。


9月1日(木)
 本日、家庭科で高校1年生が調子実習を行いました。
 写真はその様子です。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます