トップ >> 日々のラ・サール


4月18日(水)
 明日からバドミントン部が大会に参加します。写真は練習に励むバドミントン部の部員の様子です。
 選手の皆さん、頑張ってください。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます


4月17日(火)
 第19回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会に進出し、埼玉県熊谷市から帰ってきたばかりの本校ラグビーチーム。昨年暮れは2度目の『花園』に挑んできた強豪だけに部員数が60名になろうとする大所帯となっています。 4月17日(火)は「函館春季会長杯」に出場するということで前日の熱気溢れる練習風景を見学させてもらおうとグラウンドにお邪魔しました。
 雪はすっかり解けたとは言え、まだまだ風の冷たい中を黙々と練習する部員たちからは寒さなど受け付けぬ強靱さを感じました。実践向けの練習でAチーム、Bチームに分かれてぶつかり合う様は正に格闘技に近いもののように素人目には思えますが、大声を上げて声援する部員にあっさりと否定されました。「ラグビーは頭を使わなければ勝てません」。心技体の充実のうえに頭を使ってのチームプレーで点を獲得していくのだと。
 17日の対戦は7校による合同チーム。本校ラグビーの独擅場となった道南地区には単独でチーム編成できる学校が無くなってしまいました。それでも各校からの選抜チームなのだから気を抜くことなく対戦しなければと顧問からも部員からも聞くことができました。
 今年度も『花園』『熊谷』目指して大いに活躍してくれるでしょう。
 この日のグラウンドでは中学野球部もテニス部も寒風をものともせず練習する姿が見られました。屋内でもそれは変わらないでしょう。スポーツ・シーズンの到来です。19日(木)は高校バドミントンの春季大会、20日(金)からは春季登山大会にワンダーフォーゲル部が参加します。28、29日は本校を会場として高校バレーボールの大会も行われます。
画像をクリックすると、拡大写真を見ることが出来ます